増渕、反省1敗「次は初回から100%で…」

[ 2011年5月1日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト2―6阪神

(4月30日 甲子園)
 リリーフから先発転向したヤクルト・増渕が今季3戦目で初黒星。初回に味方守備の乱れから4失点したが、2回以降は立ち直って新井の一発だけに抑えた。

 打撃優先のオーダーが守りのミスにつながって小川監督も「まっちゃん(増渕)に申し訳ない」と言ったが、増渕本人は「初回に抜ける球が多く、立ち上がりが悪かった。同じ失敗を繰り返さないように次は初回から100%の力で入りたい」と反省していた。

 ▼ヤクルト・田中(初回1死満塁で二ゴロをはじいて併殺にできず)打者がブラゼルだったし、絶対併殺にとらないといけない場面。投手が狙い通りに打たせたのに…。

 ▼ヤクルト・飯原(7回に代打出場。今季20打席目で初安打を放つ)1本出たのは良かったけれど、チームが勝たないと。連敗になってしまって悔しい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年5月1日のニュース