“坂本世代”ドラ4小山、初先発も4回2失点

[ 2011年5月1日 06:00 ]

<横・巨>プロ初先発も4回2失点で降板した巨人・小山

セ・リーグ 巨人8―2横浜

(4月30日 横浜)
 巨人ドラフト4位の小山がプロ初登板初先発。初回にハーパーに適時打を許すなど毎回のように走者を許しながら、強気に内角も攻めて4回4安打2失点に抑えた。

 坂本、沢村と同い年で1メートル87の大型右腕は「先頭打者を出したり、球が浮いたのが課題。次は低めに集めたい」と反省。先発のコマ不足に悩む原監督は「可能性を感じる」と評価し、今後の先発起用の可能性について「当然ある。うちは不安定な先発が多い」と次回もチャンスを与える方針だ。

 ▼巨人・川口投手総合コーチ(初登板初先発の新人・小山について)あと必要なのはスタミナと制球力。負けん気が強いのがいいところ。

 ▼巨人・アルバラデホ(同点の5回から登板して2回無失点で来日初勝利)こんな形で1勝が付くとは思ってなかった。うれしい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年5月1日のニュース