失敗は繰り返さない…福留“滑り込み美守”

[ 2011年5月1日 06:00 ]

ダイヤモンドバックス戦の8回、ドルーの飛球を好捕するカブス・福留

ナ・リーグ カブス4―2ダイヤモンドバックス

(4月29日 フェニックス)
 カブスの福留が好守でチームをもり立てた。2点リードの8回無死一塁で、ドルーの浅いフライに全力で前進して、最後は足から飛び込むスライディングキャッチ。10日には同じような打球をランニングキャッチをしたことで左太腿裏を痛めただけに「突っ込んで足をやっているから今回は滑り込んだ。恐怖心を持っていたら試合なんかやれない」と胸を張った。

 打撃では2三振を含む5打数無安打で打率は・418となったが、マイク・クワーディ監督も「重要なプレーだった」と称えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年5月1日のニュース