シュルツ粘れず…野村監督「詰めが甘かった」

[ 2011年5月1日 06:00 ]

セ・リーグ 広島4―5中日

(4月30日 ナゴヤD)
 広島は終盤に競り負けて、連勝が3でストップした。5回に相手のミスなども絡んで一挙に4点。試合を振り出しに戻したが、8回1死二塁で5番手のシュルツが和田に決勝打を許した。

 8回1死一、二塁では栗原、岩本が凡退。得点圏に走者を置いた3打席で快音を響かせられなかった岩本は「僕が打って1点でも取っていれば流れが変わっていた」。野村監督は「詰めが甘かった。きょうみたいな試合で勝てるチームにならないと」と悔しがった。

 ▼広島・今村(4回を6安打4失点で2敗目)気持ちは入っていたが、投げ急いでしまった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年5月1日のニュース