「逆らわずバット出た」中田“自画自賛”三塁打

[ 2011年5月1日 06:00 ]

<日・西>7回2死二塁、右中間三塁打を放った中田

パ・リーグ 日本ハム9―6西武

(4月30日 札幌D)
 日本ハム・中田が7回、右中間へ適時三塁打して札幌ドームを沸かせた。

 昨年8月11日のロッテ戦(千葉マリン)以来の三塁打に「外の球に逆らわずバットが素直に出た」と自画自賛。前日で連続試合安打は8戦で途切れたが、再び2安打と好調を維持している。ただ、自らの打撃よりも稲葉の同点3ランに「興奮した。自分もチームやファンに認められる選手になりたい」と感心しきりだった。

 ▼日本ハム・榊原(6回に登板し無失点で今季初勝利)とりあえず一息。直球が良かったから主体でいった。こういう投球を続けていければいい。

 ▼日本ハム・大野(6回に勝ち越しの1号ソロ)塁に出て好機を広げられたらと思っていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年5月1日のニュース