打撃優先 畠山の今季初左翼守備がアダに…

[ 2011年5月1日 06:00 ]

<神・ヤ>初回2死満塁、城島の打球を左翼手・畠山が目測を誤り捕れずに走者一掃適時二塁打を許す

セ・リーグ ヤクルト2―6阪神

(4月30日 甲子園)
 背負ったリスクが最悪の形で連敗に直結してしまった。流れを決した初回の守りのミス。ヤクルト・小川監督は覚悟の上だったと明かした。

 「一番心配していたことが出た。(外野で)使った僕が悪い」。前夜は打てずに連勝が9で止まり、連敗阻止へ打撃優先のオーダーを組んだ。不振の飯原を外し、ホワイトセルを3番・一塁。外野の守備に難のある4番・畠山を一塁から今季初めて左翼に入れた。その初回。2死満塁で城島の飛球は浜風に流され、畠山が捕球しきれず逆転された。二塁・田中の拙守から同点を許した後だけに痛いミスだった。

 風の計算を間違わなければ確実に捕球できていただけに、畠山は「僕のミス。もう少し飛ばないと思った」。飯田外野守備走塁コーチは「打球が高く上がった分だけ流された」と分析。畠山には試合前練習だけで浜風をつかみきれなかった。

 野球は点取りゲームである。小川監督は「点を取りにいけば、どこかでリスクを背負う。一番悩むところ」。この日ホワイトセルは3安打。畠山も打撃好調な今、悩ましい日々はまだ続く。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年5月1日のニュース