ギーエン監督 試合中の“つぶやき”で2試合出場停止

[ 2011年5月1日 06:00 ]

 27日のヤンキース戦の試合中に短文投稿サイト「ツイッター」でつぶやいたホワイトソックスのオジー・ギーエン監督が、大リーグ機構から2試合の出場停止処分を受けた。

 同監督は初回に球審の判定に抗議をして退場処分に。その後、試合中にもかかわらず「不当な退場だ」などと球審を批判する内容を書き込んでいたという。大リーグの規定では、監督や選手が試合中に電子機器を用いての外部との情報伝達を禁じており、この規定に抵触しての出場停止処分は初。同監督は29日(日本時間30日)のオリオールズ戦でベンチ入りしなかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2011年5月1日のニュース