驚異の代打率10割!二岡は“北の代打の神様”

[ 2011年4月7日 11:00 ]

<ソ・日>7回1死二塁、代打・二岡は左前適時打を放つ

練習試合 日本ハム5-4ソフトバンク

(4月6日 ヤフードーム)
 北の代打の神様だ。日本ハムの二岡が同点に追い付いた直後の7回1死二塁で、稲葉に代わり登場。追い込まれながら、神内のチェンジアップを左前へ運んだ。逆転勝利に導く決勝打。「故障で出遅れたけど、何とか開幕に間に合った。与えられた役割を精いっぱいまっとうしたい」とうなずいた。

 両大腿痛に右肘痛も加わり2軍調整が続いていたが、2日の楽天戦(札幌ドーム)で実戦復帰後、これで代打で3打数3安打。驚異の代打率10割に、梨田監督も「シーズン中なら稲葉に代打はないけれど、二岡を(打席に)立たせたかった。ベテランらしいしぶとい打撃。チームの力になる」と喜んだ。安打後は代走を送ったが「打たなかったら一塁の守備に就かせようと思っていた」と同監督。頼れるベテランは今季も勝負を決める一振りに懸ける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月7日のニュース