“近未来打線”断念…阿部離脱で「5番・高橋」

[ 2011年4月7日 06:00 ]

練習試合<巨・神>8回1死、右越えに本塁打を放つ高橋

練習試合 巨人5-5阪神

(4月6日 相模原)
 阿部の分まで!「5番・右翼」で先発出場した巨人・高橋が、8回1死から右越えソロを放った。主将の阿部は右ふくらはぎを痛め、長期離脱が決定的。「一日も早く戻ってきてほしい」と言葉に力を込めたが、不在を補うのはそのバットだ。

 阿部の負傷により「1番・長野、3番・坂本」の近未来打線を断念。坂本を1番に戻し、阿部の代わりの6番には同じ長距離タイプの長野を据えた。5番を担っていた小笠原が3番に入ることで、5番には高橋が起用された。その期待に応え、4回1死でも右前打。ベテランの味を出した。

 岡崎ヘッドコーチは「阿部の代わりというのはおかしいですけど、高橋しかいないと思っています」。原監督も近未来打線を「(本当の意味での)近未来になってしまうかな」と阿部の復帰後まで封印する一方で「きょうはそういう用兵ということ」と手応えを口にした。

 12日の開幕戦(対ヤクルト・山口宇部)も、高橋が主軸を打つ可能性は高い。「どういう形で出るか分からないけど、出たときにきっちりやることをできればと思う」。チームの危機を背番号24が救う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月7日のニュース