亜大と駒大が勝ち点1

[ 2011年4月7日 16:42 ]

 東都大学野球春季リーグ第1週第3日は7日、神宮球場で3回戦2試合を行い、6季ぶりの1部の駒大が中大を6―0、亜大は2連覇を目指す国学院大を4―1で破り、ともに2勝1敗で勝ち点1とした。

 駒大は白崎勇が5安打完封した。中大は沖縄・興南高のエースとして昨年の甲子園大会で春夏連覇した1年生左腕の島袋が5回0/3を3失点で2敗目を喫した。亜大はエース東浜が12奪三振、1失点で完投した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月7日のニュース