男子20キロ競歩・池田「状態どんどん上がっている」 50キロ競歩・川野、ヨガで仕上がり順調

[ 2021年7月5日 17:44 ]

 東京五輪男子20キロ競歩代表の池田向希(23)と同50キロ代表の川野将虎(22=ともに旭化成)が5日、オンラインで取材に応じ、1カ月後に迫ったレース本番への意気込みを語った。

 これまでに福島や山梨県内で強化合宿を敢行。8月5日に競歩陣として先陣を切る池田は「状態がどんどん上がってきているのを実感している」と力強く語った。5月には札幌のコースを視察。池田は「ざっくりと言えば歩きやすいコース。午後4時半の日差しがどれくらいになるかなど確認できたのは良かった」と話した。

 50キロ競歩代表の川野も「特にけがもなく、しっかりと練習ができている」と順調な仕上がりを強調した。コロナ下で酒井瑞穂コーチから勧められて始めたヨガは続けているといい「開始した頃よりも、力んでしまう動きがなくなってきた。ヨガをやらないと気持ち悪いくらい、もはや日課です」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月5日のニュース