卓球五輪代表・丹羽 決勝T逃す、水谷は1位通過 アジア選手権選考会

[ 2021年6月20日 05:30 ]

<2021アジア卓球選手権ドーハ大会日本代表選手選考会第3日>男子決勝トーナメント1回戦、力強く打ち返す水谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 卓球のアジア選手権日本代表選考会第3日は19日、千葉・旭市総合体育館で男子シングルス1次リーグなどが行われ、東京五輪代表の丹羽孝希(26=スヴェンソン)が2連敗で決勝トーナメント進出を逃した。同じく代表の水谷隼(32=木下グループ)は1位で通過。決勝トーナメント1回戦も吉田雅己(26=木下グループ)を3―2で下して8強入りした。最終日の20日は決勝まで行われ、上位2人が代表に内定する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月20日のニュース