バスケ男子代表 中国に逆転許し連敗、ロシター「最後パニックになった」

[ 2021年6月20日 05:30 ]

中国戦でディフェンスする田中=左(国際バスケットボール連盟提供)
Photo By 共同

 バスケットボール男子のアジア杯予選は19日行われ、B組で世界ランキング42位の日本は同29位の中国に84―90で敗れ、2勝2敗となった。八村(ウィザーズ)ら海外組不在の中、16日に続いて中国に連敗。17得点した富樫の鋭いドライブや、金丸の3点シュートなどで優位に進めながら、最終クオーターに逆転を許した。

 15得点のロシターは「最後の4~5分で、相手のゾーン守備に攻撃がパニックになってしまった」とガックリ。ラマス監督は「終盤が良くなかった」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月20日のニュース