全空連・香川政夫氏「倫理委員会で話した」 植草のパワハラ問題で事情聴取

[ 2021年3月31日 16:11 ]

報道陣の取材に応じる植草
Photo By スポニチ

 全日本空手道連盟(全空連)の香川政夫強化委員長は31日、東京五輪組手女子61キロ超級代表の植草歩(JAL)からパワハラを告発された件について、都内で行われた全空連の倫理委員会から事情聴取を受けた。2時間を超える聴取の後、報道陣に対しては詳細を明かさず「倫理委員会で話した。何も話せない。あとは倫理委員会から聞いて」とだけ語った。

 この日午前には植草が聴取を受け「きちんと話をしてきた」とコメント。同席した境田正樹弁護士は詳細については「話せない」としたうえで、香川氏による竹刀を使った稽古で1月27日に左目を負傷したことについて「実は師範の方に医師の方から『竹刀を用いた練習は止めた方がいい』というふうに伝わっていた。練習をあらためてもらうという指導があったにもかかわらず、危険な練習が1カ月も続いた」と説明。「看過できない」と指摘し、「なんらかの対応をすることを考えたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月31日のニュース