石川佳純 逆転で5年ぶり5度目女王!伊藤美誠との頂上決戦制す

[ 2021年1月17日 14:11 ]

全日本卓球選手権最終日 女子シングルス決勝   石川佳純 4―3 伊藤美誠 ( 2021年1月17日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

<全日本卓球選手権 女子シングルス決勝>優勝を飾って笑顔でガッツポーズの石川佳純(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 全日本卓球選手権最終日が17日、大阪市・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子シングルス決勝では、ともに五輪代表内定選手の伊藤美誠(20=スターツ)と石川佳純(27=全農)が対戦。石川が4―3で大逆転勝利し、5年ぶり5度目の優勝を飾った。2011年に17歳10カ月で初優勝を飾ってから10年、5度目の優勝は歴代3位タイとなった。

  石川は、第1ゲームを4―11で奪われたが、第2ゲームを11―7で奪取。第3ゲームは7―11、第4ゲームも7―11で奪われて崖っぷちに追い込まれたが、第5ゲームを12―10、第6ゲームを11―5で連取。さらに第7ゲームも11―9で奪って逆転勝利を完成させた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月17日のニュース