×

早大FB河瀬、連覇ならず号泣「悔しいという言葉では収まらない」

[ 2021年1月12日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権決勝   早大28―55天理大 ( 2021年1月11日    東京・国立競技場 )

天理大の2人がかりのタックルに止められる早大・河瀬(中央)
Photo By スポニチ

 最後は自身がターンオーバーを許し、ピッチに伏せたまま長い笛を聞いた瞬間、止めどなく涙があふれた。後半12分、個人技でチーム2トライ目を挙げた早大のFB河瀬だが、2連覇はあまりに遠かった。「悔しいという言葉では収まらない。頭が真っ白になった」と唇をかんだ。

 ボール支配率が約40%にとどまった80分間で、得意とするスペースを突くボールキャリーが鳴りを潜めた。キックカウンターでも相手の力強いタックルと2人目の速い寄りに苦しみ速いテンポの攻撃につなげられず。「決勝への思いの差があった」と気持ちの面でも負けを認めた。

 バックスを引っ張るエースも、4月にはいよいよ4年生。「この悔しさを糧に、3年以下がどれだけ目の色を変えてできるか」。また一から積み上げて、日本一を奪い返す。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月12日のニュース