×

ハンド宮崎 コロナ感染で「死にかけた」…昨年振り返り「凄い年でした」

[ 2021年1月12日 05:30 ]

宮崎大輔
Photo By スポニチ

 ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が11日、音声サービス「NowVoice」で昨年末に新型コロナウイルスに感染していたことを明かした。

 「(12月)25日、死にかけました。呼吸困難になって、2時間くらい意識が飛んでいましたね。本当に死ぬのかなと思いました」と激白。昨年は11月の知人女性に対する暴行容疑などでも世間を騒がせ「20年は凄い年でした。これ以上のマイナスはどこなんだろうというくらいいろいろ経験した」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月12日のニュース