ラグビーTL 開幕節2試合がコロナ中止 3チームで複数の感染者発生

[ 2021年1月12日 11:10 ]

豊田スタジアム
Photo By スポニチ

 日本ラグビー協会は12日、今月16日に開幕するラグビートップリーグ(TL)のトヨタ自動車―サントリー戦(16日、愛知・豊田スタジアム)、リコー―キヤノン戦(17日、東京・駒沢陸上競技場)の開催中止を発表した。日本協会によれば、同日までに実施した新型コロナの各種検査で、トヨタ自動車に13人、サントリーに7人、キヤノンに24人の陽性者が確認されたため。22年1月の新リーグ創設を控え、今季が現行では最終年となるTLは、開幕から未曽有の事態に見舞われた。

 コロナ下の今季は特別ルールが適用され、試合開始までに登録メンバー23人が確保できない場合は、太田治TLチェアマンの判断で試合を中止とし、延期などの措置は取らない。試合は引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が入る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月12日のニュース