×

早大・小林 スクラム中盤まで劣勢で「不完全燃焼」リベンジ誓う

[ 2021年1月12日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権決勝   早大28―55天理大 ( 2021年1月11日    東京・国立競技場 )

<天理大・早大>決勝戦で敗れた早大(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 早大は課題だったスクラムが中盤まで劣勢で、右プロップ小林は「不完全燃焼だった」と声を沈めた。後半6分、自陣ゴール前でのマイボールスクラムで圧を受け、ボールが後方に転がったところをSH藤原に押さえられた。

 リードを29点差に広げられ、試合の大勢が決まったシーンを「あの形でトライされてふがいない」と悔やんだ小林。来年度に向け「リベンジしたい」と誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月12日のニュース