羽生結弦、よみがえる伝説プログラム 2月5日公式練習ドキュメント

[ 2020年2月5日 17:44 ]

<フィギュア四大陸選手権公式練習>練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート四大陸選手権は6日、韓国・ソウルで開幕する。初優勝を狙う男子の羽生結弦(ANA)は5日、午後のメインリンクでの公式練習で調整した。男子ショートプログラム(SP)は7日、フリーは9日に行われる。

 【羽生結弦 2020年2月5日公式練習ドキュメント】

 ▽13:53 マスク姿で会場入り。

 ▽15:11 マスク姿でリンクサイドに姿を見せる。オーサー・コーチがプーさんのティッシュカバーをフェンスに設置。黄色のタオルもフェンスにかける。

 ▽15:13 リンクサイドで飛び跳ねる。

 ▽15:14 マスクを外す。ウインドブレーカーを脱いでジャパンの白ジャージー姿に。

 ▽15:15 6選手中4番目に、両手を氷に当て右脚からリンクイン。

 ▽15:16 腰に手を当て、会場を見渡す。

 ▽15:17 今大会から戻したSP「バラード第1番」の振り付けを確認。

 ▽15:20 オーサー・コーチの言葉にうなずき、ドリンクを口に含む。そのボトルをブリアン・コーチが受け取る。

 ▽15:21 トリプルアクセル成功。その後に2回転ループ。

 ▽15:22 天井を見上げる。

 ▽15:22 4回転サルコーを決める。

 ▽15:23 右手を細かく動かして何かを確認する。その後にトーループの4―3回転に成功。

 ▽15:24 ジャージーを脱いでオーサー・コーチに手渡す。ドリンクを飲み、ブリアン・コーチがボトルの位置を直す。

 ▽15:25 3回転ルッツを着氷。リンク上をゆっくりと漂う。

 ▽15:26 ルッツは1回転に。その後、4回転ルッツで転倒。

 ▽15:27 コーチ陣の元で呼吸を落ち着かせる。4回転ルッツは再び転倒。

 ▽15:28 ドリンクを飲みながらオーサー・コーチと話し合う。

 ▽15:29 4回転サルコーは鮮やかに成功。その後、フェンスに手をかけてかがむ。

 ▽15:30 SP「バラード第1番」の曲かけスタート。

 ▽15:31 4回転サルコーは着氷でこらえる。

 ▽15:32 トーループの4―3回転に成功。演技を見つめる鍵山優真も拍手。トリプルアクセルを決める。

 ▽15:33 曲かけ終了。場内は大歓声。オーサー、ブリアンの両コーチも拍手。

 ▽15:34 オーサー・コーチが身ぶり手ぶりで何かを伝える。その後はウィルソン・コーチから助言を受け、左肩をポンと叩かれる。

 ▽15:35 リンク上を漂い、呼吸を落ち着かせる。

 ▽15:37 4回転サルコーに成功。

 ▽15:38 ゆっくりと滑る。その後、スピードを上げてトーループの4―3回転に成功。

 ▽15:40 4回転トーループ―オイラー―3回転サルコーを決める。

 ▽15:41 オーサー・コーチと話しながらドリンクを口に含む。

 ▽15:42 曲かけ練習をしていた友野一希に拍手を送る。

 ▽15:43 ルッツは1回転に。オーサー・コーチの大きなジェスチャーを確認し、うなずく。

 ▽15:44 4回転ルッツをこらえ気味に着氷。その後、4回転サルコーに成功。

 ▽15:45 トリプルアクセルを決め、3回転フリップに成功。

 ▽15:46 ドリンクのボトルを持ちながらコーチ陣とジェスチャーを交えながら話し合う。

 ▽15:47 トーループの4―3回転を決める。オーサー・コーチが大きく拍手。

 ▽15:48 4回転トーループで転倒。トリプルアクセル―2回転トーループに成功。両膝に手をつく。

 ▽15:50 4回転トーループ―オイラー―3回転サルコーでサルコーの着氷が乱れる。ブリアン・コーチを笑わせる余裕を見せる。

 ▽15:51 四隅に設置された場内のライトが点灯。

 ▽15:52 「バラード第1番」のスケーティングを確認。

 ▽15:53 ウィルソン・コーチにスケーティングについての助言を受ける。場内のライトにまぶしそうな表情を見せる。

 ▽15:54 「SEIMEI」の振り付けを確認。

 ▽15:55 公式練習が終了。4方向へお辞儀し、ウィルソン、オーサー、ブリアン・コーチの順にあいさつ。

 ▽15:56 氷を両手で触れ、左足からリンクを降りる。会場の奧に消えていった。プーさんのティッシュカバーはオーサー・コーチが抱えていた。

 ▽16:15 日本、海外メディアから取材を受ける。

 ▽16:30 選手用のバスに乗り込み、会場を後にした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月5日のニュース