続投ジョセフHCが会見「これからの4年にワクワク」 スローガン「ONE TEAM」も継続

[ 2020年1月29日 11:51 ]

会見を行った日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ
Photo By スポニチ

 日本ラグビー協会は29日、東京都内で男子15人制日本代表の記者会見を開き、23年W杯フランス大会までの続投が決まったジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、50)、藤井雄一郎強化委員長(50)が出席し、今後の強化方針などを述べた。

 冒頭で「これからの4年にワクワクしている」と述べたジョセフHCは、日本協会からの続投要請を受け、昨年11月に受諾した理由について「シンプルに2つある」と説明。「一つは本本が大好きで愛しているから。2つ目は私には責任があると感じたから。日本のラグビーを強化、発展させる必要があるから」と述べた。

 16年秋に就任したジョセフHCは、昨年のW杯日本大会では史上初の8強に導く手腕を発揮した。スローガンである「ONE TEAM」は昨年の流行語大賞にも選ばれるなど、多国籍集団の日本代表を象徴する言葉になったが、「“ONE TEAM”をより良いものにしていきたい」とし、今後4年間もスローガンとして継続する方針。今年初戦となる6月27日のウェールズ戦(静岡・エコパスタジアム)から、再スタートを切る。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月29日のニュース