瀬古氏 “国内ラスト”発言の設楽に期待「3分くらい狙っていると思う」

[ 2020年1月29日 05:30 ]

3・1東京マラソン 招待選手発表

瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー
Photo By スポニチ

 今大会を国内ラストマラソンにするという設楽の発言について、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「あと3、4年は好きなことやったら良いと思う」と理解を示した。自身も84年ロサンゼルス五輪後に海外志向があったと明かし「海外で走った方が気が楽なんですよ」と話した。設楽が狙う2時間4分台について「3分くらいを狙っていると思う。彼はリミッター切れている」と期待した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月29日のニュース