ブライアント氏の遺体を指紋で確認 次女ジアナさんの遺体は判明せず

[ 2020年1月29日 11:39 ]

カリフォルニア州カラバサスのヘリ墜落現場(AP)
Photo By AP

 ロサンゼルスの検視当局は28日、ヘリコプターの墜落で死亡した元レイカーズのスーパースター、コービー・ブライアント氏(享年41)を含む4人の遺体を指紋識別によって確認した。

 墜落事故は濃霧だった26日の午前9時47分にカリフォルニア州ロサンゼルスの北西、カラバサス付近の傾斜地で発生。その日のうちに機体の残骸から3人の遺体を収容し、27日に残る5人を発見したあと、28日に最後の遺体を収容していた。

 AP通信によれば、身元を確認できたのはブライアント氏以外ではベテラン・パイロットのエイラ・ゾバヤン氏(50)、オレンジコースト・カレッジの野球チームを27年間にわたって率いているジョン・オルトベリ監督(56)、さらに同乗していたサラ・チェスターさん(45)の3人。ブライアント氏の次女ジアナさん(13)、オルトベリ監督の妻、ケリーさん、その娘でジアナさんとは同じバスケットボールチームに所属しているアリサさん(13)、バスケットボールのコーチでもあるクリスティーナ・マウザーさんの遺体はまだ確認できていない。

 濃霧の中を飛行していたゾバヤン氏操縦のヘリコプターは墜落直前に急上昇しており、その後に急降下。当局では事故原因の究明には数カ月を擁すると語っている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月29日のニュース