6位の本田真凜、演技後に涙「やっと自分らしさが戻ってきた」

[ 2019年12月19日 22:00 ]

フィギュアスケート・全日本選手権第1日 ( 2019年12月19日    東京・国立代々木競技場 )

<フィギュア全日本選手権第1日>女子SP、演技を終え感極まる本田真凜(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラム(SP)で、本田真凜(JAL)は65・92点で6位発進となった。

 転倒などの大きなミスなく演技を終えると感極まり、涙をぬぐった。「自分らしく滑れて嬉しかった。やっと自分らしさが戻ってきた」。米国に拠点を移した昨季、「気持ちと体にズレがあった」と明かし、昨年の全日本は15位に沈んだ。

 あれから1年、リンクで真摯に汗を流してきた自信がある。「たくさん練習してきた」。表情も変わり、周囲から「明るくなったね」と言われることが増えたという。

 3位の坂本花織(シスメックス)と4・03点差で、初の表彰台も射程圏。フリーは21日、「ラ・ラ・ランド」で舞う。「楽しいプログラムなので(SPとは)また違った別人になって演技できれば。ミスをするとかそういうんじゃなくて、違う表現者としてできればいい」。16年世界ジュニア女王が、再び輝こうとしている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月19日のニュース