小林浩美会長 暴言騒動の笠の処分経過を説明

[ 2019年11月15日 05:30 ]

 日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は暴言騒動を起こした笠について「協会のコンプライアンス委員会、懲戒諮問委員会での討議の結果、厳重注意処分を決めました」と経過を説明した。

 笠はNOBUTA GROUP マスターズGCレディースの浴場でタオルの有無をめぐり従業員に暴言を浴びせたとして、今週まで活動を自粛。21日開幕の大王製紙エリエール・レディースには出場の意向で小林会長は「マスターズGCからは今回の処分で十分という話があった。(出場は)本人の判断に任せている」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月15日のニュース