サニブラウンがプロ転向表明 ツイッターで「厳しい世界で結果を出していけるようにベスト尽くす」

[ 2019年11月15日 13:14 ]

サニブラウン・ハキーム(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 陸上男子100メートルの日本記録保持者で米国に拠点を置くサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が15日、自身のツイッターを更新、プロ転向を表明した。

 サニブラウンは「突然のお知らせになりますが、プロ選手になることを決意しました。プロの陸上選手になることは、陸上を始めてから目標の一つでした。より陸上に集中できる環境に身を置いて、高いレベルで競技に取り組み、プロという厳しい世界で結果を出していけるようにベストを尽くしたいと思っています」とつづり、さらに「これまで指導いただいたコーチ、支えてくれたチームメイトや家族には心から感謝しています。教えていただいたこと、陸上を通して出会った仲間を大切にしながら、競技に邁進していきます。またプロになっても学業は続けます。今後とも応援よろしくお願いします」と決意を述べた。

 サニブラウンは陸上男子100メートルで9秒97の日本記録保持者で、今年行われたドーハ世界選手権男子400メートルリレーで銅メダルを獲得。来年の東京五輪でも活躍が期待されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月15日のニュース