同組賞金女王争いは鈴木愛が2打差6位発進 申ジエ15位、渋野は36位

[ 2019年11月15日 15:45 ]

女子ゴルフ・伊藤園レディース・第1日 ( 2019年11月15日    千葉県長南町、グレートアイランド倶楽部(6741ヤード、パー72 )

<伊藤園レディース初日>賞金女王を争う(左から)申、鈴木、渋野が同組でラウンドする(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 賞金女王を争う申ジエ、鈴木愛、そして渋野日向子の3人が同じ組、最終日の優勝争いを思わせる声援の中、火花を散らした。先行したのが鈴木。スタートからショットが好調で15番3メートル、16番2・5メートルと連続バーディーを奪い、4アンダーの好スタートとなった。

 立ち上がりチャンスの少なかった渋野は6番、バーディーとしながら8番で3メートルのパーパットを外す。後半は10番、16番でバーディーとしながら、17番で落とし1アンダーに後退した。申ジエも安定した内容で4バーディー、1ボギーの3アンダーで初日を終えた。

 首位は6アンダー、66のユン・チェヨンで鈴木は2打差の6位、申ジエは3打差15位、渋野は5打差36位。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月15日のニュース