ロコ・ソラーレ準V、藤沢に手応え どうぎんクラシック

[ 2019年8月5日 05:30 ]

表彰式で観客に手を振るロコ・ソラーレ
Photo By スポニチ

 カーリングの国際大会「どうぎんカーリングクラシック2019」最終日は4日、北海道札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで男女準決勝と決勝を行った。18年平昌五輪女子銅メダルで今季初戦のロコ・ソラーレは、決勝で中国チームに敗れて準優勝だった。

 「決勝は前半にミスが続いた」とスキップ藤沢五月(28)。それでも「シーズンオフに取り組んできたことが間違いじゃないと証明できた大会」と手応えもつかんだ。今季の目標は日本選手権制覇、そしてワールドカーリングツアー最高峰のグランドスラムでの優勝。藤沢は「個人的に弱さも強さも理解できた。もう少し練習したい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月5日のニュース