渋野に聞く ソフトボール観戦の予定が「五輪出たい」

[ 2019年8月5日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー AIG全英女子オープン第3日 ( 2019年8月3日    ミルトンキーンズ ウォバーンGC=6756ヤード、パー72 )

全英女子オープン第3日 12番、バーディーを奪った渋野はギャラリーとグータッチ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 米女子ゴルフツアーのAIG全英女子オープン第3ラウンドを終えて単独首位に立った渋野日向子は3日、公式会見に呼ばれるなど、海外メディアからも取材を受けた。

 ――日本でメジャーを勝ったときとの比較は?
 「比較にできないぐらいの緊張と、緊張です(笑い)。食べたものを全部吐き出しそうなくらい」

 ――これまでの反響は?
 「みんなインスタに上げてくれる。うれしい。フォロワーも増えちゃって。影響力半端ない!昨日、宮里藍さんがインスタに載せてくれていてめっちゃうれしかったです。やべ~って」

 ――黄金世代の一人ですが。
 「最近黄金世代の名前に私も入っちゃってるので。あ~私も黄金世代だ、って今年実感していますかね」

 ――海外志向は?
 「これからも日本でやっていくつもりなので。日本で結果を出さないと、これからまた結果を出していかないとダメ」

 ――東京五輪への思いは?
 「この試合で上位に入ることでランクは上がる。この試合は大事だと思っていた。(ゴルフより好きなソフトボールの観戦チケットが入手できず)自分が出て、選手に会う」

 ――ゴルフ界を引っ張る存在にもなれる。
 「正直、本当に静かに生きていきたかった。宮里藍さんのように…はなれないかもしれないですけど。引っ張っていける存在になってみたいな、とはちょっと思います」

 ▽五輪出場資格 女子は18年7月8日から20年6月29日時点まで、男子は18年7月1日から20年6月22日時点までの2年間で算出する世界ランキングに基づいた五輪ランキングで出場資格が決定される。男女ともに上位60人(開催国は最低1枠が保証)が出場資格を獲得。上位15位以内は各国最大4人までが出場可能。16位以降は各国最大2人を上限としている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月5日のニュース