わんぱく相撲 琴光喜Jr準V 将来は大相撲入り目指す

[ 2019年8月5日 05:30 ]

わんぱく相撲全国大会の5年生の部で準優勝した田宮愛喜
Photo By 共同

 小学生が日本一を争う「わんぱく相撲全国大会」が4日、東京・墨田区総合体育館で行われ、大相撲の元大関・琴光喜の長男、田宮愛喜が5年生の部で準優勝し「わんぱく大関」に輝いた。

 父と同じ大関に「ちょうどいいかなと思う」とにっこり笑った。1メートル51、77キロの体格で鋭い踏み込みからの突き、押しで勝ち進んだ。将来は大相撲入りを目指しており「やっぱり1位を狙いたい。何回も優勝できる選手になりたい」と夢を膨らませた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月5日のニュース