マフィ&ヴァルがトライ競演 母国トンガに恩返し

[ 2019年8月4日 05:30 ]

ラグビー リポビタンDチャレンジカップパシフィックネーションズ2019日本ラウンド第2戦   日本41―7トンガ ( 2019年8月3日    花園ラグビー場 )

<日本・トンガ>前半、トライを決めたヴァル(中央)は流(左)らから祝福を受ける(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ジャパンのトンガ勢が躍動した。No・8マフィは前半10分、ゴール前ラインアウトからのモールで、フィニッシュを飾った。WTB松島がシンビンで欠ける中、貴重な先取点をもたらした。「元々(トンガの)代表になるかという話もあった。逆に日本でプレーして良かった。特別というか、凄いエモーショナル(感情的)な試合」。パワフルアタッカーは、日本語で母国との対戦の意義を語っていた。

 埼玉・正智深谷高の留学生として来日し、現在は日本国籍を取得したプロップ・ヴァルは前半20分に、ゴール前でパスをもらいトライを奪った。フィジー戦に続く勝利は、常夏の島国からやってきた桜の魂を持つ男たちが支えになった。

 ▼トンガ・ケフ監督 非常に残念。ラインアウトがまず失敗した。特に前半たくさんのミスをしたし、ボールをキープできなかった。(日本は)セットピースが非常に強かった。最後まで決定力があった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月4日のニュース