流 今大会初先発で存在感、戦略転換で流れ引き寄せ

[ 2019年8月4日 05:30 ]

ラグビー リポビタンDチャレンジカップパシフィックネーションズ2019日本ラウンド第2戦   日本41―7トンガ ( 2019年8月3日    花園ラグビー場 )

<日本・トンガ>前半、トライを決めたヴァル(中央)は流(左)らから祝福を受ける(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 SH流を中心とした頭脳プレーで流れを引き寄せた。本来は、タッチキックでプレーを切らない戦略だったが、試合途中で方針を転換。「相手のラインアウトが不安定だったことと、こちらがいいディフェンスをしていたので切り替えた」。相手守備の裏を狙ったキックで陣地を優位に進めた。「映像を見てバックスリー(WTBとFB)に隙があると思った。そこをどう突くかのタイミングだけ。うまくいった」。今大会初先発で存在感を発揮した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年8月4日のニュース