大橋 女子400個人メドレー2位、ホッスーに逆転許す

[ 2019年8月4日 05:30 ]

競泳 W杯東京大会第2日 ( 2019年8月3日    東京辰巳国際水泳場 )

競泳W杯東京大会第2日 女子400メートル個人メドレー決勝で2位に入り、歓声に応える大橋
Photo By 共同

 女子400メートル個人メドレーは、先月の世界選手権で銅メダルだった大橋が4分34秒27で、女王・ホッスーに及ばず2位。バタフライと背泳ぎでリードを奪ったものの、平泳ぎで逆転を許し、「前半の200メートルで2秒とかの差がないと後半抜かれてしまう」と振り返った。4日は200メートル個人メドレーに出場。高地合宿などで体重が落ちてしまうため、20年東京五輪を見据え「体重を増やしてエネルギーをためられるようにしたい」と増量プランを明かした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月4日のニュース