羽生結弦登場のガイド本がオークション出品 仙台市長「羽生さんもショックを…売買やめて」

[ 2019年7月9日 18:04 ]

フィギュアスケートの羽生結弦選手が登場する仙台市作製の観光ガイドブック「仙台巡り」
Photo By 共同

 フィギュアスケートの羽生結弦(24)=仙台市出身=が登場する仙台市作製の観光ガイドブック「仙台巡り」が、インターネットのオークションに出品されていることが9日、分かった。市が無料で配布したが、2千円以上で出品されているものもある。

 2016年に仙台市が羽生を起用した観光ガイドを作った際も、ネットでの売買が横行した。郡和子市長は9日の定例記者会見で「羽生さんもショックを受けている」として、売り買いしないよう呼び掛けた。

 「仙台巡り」はA5判42ページ。仙台観光アンバサダー(大使)の羽生は観光スポットを紹介。故郷への思いを語ったインタビューも掲載している。

 市は10万部を発行し、6月末に商店街などで無料配布。市内75カ所の宿泊施設でも宿泊客に配っている。

 今回、商店街では整理券を発行し、1人が何冊も持っていかないよう、市職員が顔を確認しながら配った。主要なオークションサイトの会社にも扱わないよう依頼していた。

 市は近くホームページに電子版を載せる。 (共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月9日のニュース