設楽悠太、ゴールドコースト・マラソンVから帰国「一つの自信になった」

[ 2019年7月9日 05:30 ]

帰国した成田空港でゴールドコーストマラソンの感想を語る設楽悠太
Photo By スポニチ

 7日のゴールドコースト・マラソンを大会新記録で制した設楽悠太(27=ホンダ)が成田空港に帰国し「一つの自信になった。今後のレースに生かしたい」と話した。

 以前は練習で30キロ以上は走らないスタイルだったが、スタミナをつけるため大会前には35キロ走を2度実施。「やってよかった。練習の成果が出た感じ」と手応えを口にした。今月下旬からは兄の啓太(27=日立物流)と合同合宿を行う予定。「この練習が無駄と言われないよう、2人で(東京五輪代表選考レースに)勝ちにいくつもり」と意気込んだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月9日のニュース