関取最軽量99キロ、炎鵬 巧みに204キロの魁聖料理

[ 2019年7月9日 05:30 ]

大相撲名古屋場所2日目 ( 2019年7月8日    ドルフィンズアリーナ )

大相撲名古屋場所2日目 炎鵬(左)は送り出しで魁聖を破る(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 関取最軽量99キロの小兵・炎鵬が204キロの魁聖をスピードで料理した。立ち合いで頭を抱えられそうになりながら、すっと懐から抜け出して背に回りまわしを取って、くるくる回転。「初めから後ろに回るイメージだった」と巨漢を振り回して手玉に取り2連勝。好調の人気力士は「稽古場でデカいイメージだったけど、今日は思ったよりコンパクトだった」と胸を張った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月9日のニュース