愛 最後に痛恨ダボ、トップ10ならず「最悪だった」

[ 2019年6月4日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー全米女子オープン最終日 ( 2019年6月2日    サウスカロライナ州 CCチャールストン=6535ヤード、パー71 )

最終ラウンド、1番でティーショットを放つ鈴木
Photo By 共同

 ラスト2ホールで3つスコアを落とした鈴木は「最悪だった。3日間やってきたことが無駄になって、腹が立つ」と落胆した。

 一時はトップ10入りも見えたが、パー3の17番で3パットのボギー。パー4の18番もショットも乱れてダブルボギーを叩いた。悔しい最終ラウンドとなったが「(4日間を通じて)思うようなプレーは増えてきた。また勝てるように頑張りたい」と最後は前向きに話した。

 ▼39位岡山絵里 ここに1カ月いたくらいの疲労感。最終日にアンダーパーで回れたので、言うことなし。(圧巻の4連続バーディーなど、3アンダー68)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月4日のニュース