錦織、ナダル倒す!クレー4戦全敗も“善戦の記憶”力に

[ 2019年6月4日 05:30 ]

テニス 全仏オープン第10日   錦織―ナダル ( 2019年6月4日    パリ・ローランギャロス )

<全仏オープン第8日 ナダル・ロンデロ>第2セット、得点を決め雄たけびを上げるナダル(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 錦織は準々決勝で対戦するナダルに過去2勝10敗と大きく負け越している。全仏11度Vの赤土巧者にクレーでは4戦全敗。それでも14年5月のマドリード・オープン決勝では途中棄権するまで善戦し「あの時はケガするまで全てうまくいった。こういうプレーをしたいな、と思う時に、あの試合が頭に出てくる」と悪いイメージばかりではない。

 ナダルは4回戦までの4試合中3試合をストレート勝ち。この日は試合がなく休養十分だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月4日のニュース