50キロ競歩日本代表の鈴木、21年は20キロで世陸目指す

[ 2019年6月4日 05:30 ]

鈴木雄介
Photo By スポニチ

 陸上世界選手権(9~10月、ドーハ)男子50キロ競歩日本代表の鈴木雄介(31=富士通)が3日、21年のユージーン世界選手権は世界記録を持つ20キロで出場を目指すことを明かした。「東京五輪では50キロで金メダル。21年は20キロでも優勝したい」と連続Vの青写真を描いている。

 この日、15年北京世界選手権以来、約4年ぶりの海外レースに出場するため羽田空港から出発。「自己ベストも狙えるが今回はレースを楽しみたい」と久しぶりの海外での大会に胸を躍らせた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月4日のニュース