宇野 海外拠点視野「新たなスタートを切りたい」

[ 2019年6月4日 05:30 ]

樋口コーチ(右)の下を離れることを決意した宇野
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が3日、練習拠点のグランプリ東海クを卒業したことを自身の公式サイトで発表した。

 長年指導を受けた山田満知子(75)、樋口美穂子(50)の両コーチの下を離れることを決断。今後は海外拠点も視野に入れながら国内外で新たな指導者を探す。今季は四大陸選手権で主要国際大会初制覇を果たすも、世界選手権では4位に終わった。新たな挑戦に向かう宇野は「多くの方々に支えられているこの競技人生に感謝の気持ちを忘れず、新たなスタートを切りたい」とコメントした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月4日のニュース