ラグビー協会新理事候補 バスケ協会改革の境田正樹氏が浮上

[ 2019年6月2日 05:30 ]

弁護士の境田正樹氏
Photo By スポニチ

 今月役員が改選される日本ラグビー協会の新理事候補に、弁護士で東大理事などを務める境田正樹氏(55)が挙がっていることが1日、分かった。5月31日に都内で行われた理事候補の指名委員会でリストアップされた。

 境田氏は15年にはBリーグ創設や日本バスケットボール協会の改革に尽力するなど、多くのスポーツ団体の改革やガバナンス強化に参画。協会や国内リーグの改革が急務となっているラグビー界からも白羽の矢が立った。この他に外部から女性3人が理事に登用されることになった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年6月2日のニュース