丁寧に勝った美誠が中国OP準決勝敗退 中国の王曼イクに1―4

[ 2019年6月2日 16:18 ]

卓球・中国オープン ( 2019年6月2日    中国・深セン )

女子卓球の伊藤美誠
Photo By スポニチ

 女子シングルス準決勝で伊藤美誠(18=スターツ)が王曼イク(おうばんいく、20=中国)に1―4(10―12、10―12、11―5、7―11、6―11)で敗れ、決勝進出を逃した。

 前日の準々決勝で世界ランキング1位の丁寧を破った世界7位の伊藤だったが、準決勝は最初に2ゲーム続けて接戦を落とす苦しい立ち上がり。世界3位の王のパワーに対して、第3ゲームはコースを突いて対抗し、右へ左へ振ってこのゲームを奪ったものの、その後は終盤のミスが目立った。第4ゲームは7―8から4連続失点。第5ゲームの序盤は5―6と競ったものの、中盤から一気に離された。

 対戦成績はこれで通算1勝7敗。直近の対戦だった昨年のジャパンオープンでは勝利していたが、2戦連続で強敵の壁を突破することはできなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年6月2日のニュース