川内優輝に中国も熱視線、CCTVが密着取材オファー

[ 2019年6月2日 10:53 ]

都内でランニングイベントに参加した川内(左)
Photo By スポニチ

 今秋の陸上・世界選手権(ドーハ)の男子マラソン代表で4月にプロ転向した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)に、中国国営放送のCCTVが密着取材のオファーを出していることが2日、分かった。

 中国は空前のランニングブームが到来。CCTVは来年2月放送予定のランニングを中心とした番組で、川内らを取り上げる予定という。川内は中国でフルマラソンを走ったことはないが、公務員時代の18年にボストンを制するなどし、CCTV関係者は「中国で一番有名なランナーです」と説明した。

 川内は6月下旬から北海道・釧路で合宿を行うため、CCTVは合宿での密着取材を希望。プロとして新たな道を歩み始め、世界選手権の代表にも決まった32歳に中国も熱視線を送っている。

 この日、川内は都内で行われた世界24都市でのランニングイベントに参加。各都市で1人が選ばれる「シティキャプテン」を務め、「昨年のキャプテンが五輪メダリストの荒井さん(競歩)で、後任として五輪にも出ていないのにいいのかなと思ったけど、盛り上げようと思った。楽しかった」と笑みを浮かべていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月2日のニュース