黄金世代・河本結 パー4で圧巻のワンオン 会心のイーグルで逆転トップに立つ

[ 2019年6月2日 12:26 ]

女子ゴルフ リゾートトラストレディース最終日 ( 2019年6月2日    静岡県浜松市 グランディ浜名湖GC(6560ヤード、パー72) )

 首位に1打差の2位から出た黄金世代の河本結(20=フリー)が、8番でイーグルを決め通算12アンダーまで伸ばし、8番終了時点で単独首位に立った。

 5番パー3で第1打をグリーン奥のバンカーにこぼし、1・5メートルのパーパットを外してボギーとつまずく。しかし、続く6番で1メートル、7番で2メートルのバーディーパットを沈め盛り返した。そして迎えた短いパー4の8番(280ヤード)。1Wのショットはピン奥5メートルに見事に1オンする。これを1発で沈めて拳を下から突き上げるタイガー・ウッズばりのガッツポーズを見せた。

 前日のホールアウト後に「自分のゴルフができれば、全然優勝争いできると思います」と話していた通りの会心のプレーで優勝争いをリードしている。1打差の2位に原英莉花、アマの古江彩佳が続いている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年6月2日のニュース