「東京五輪で金獲りたい」バスケ女子代表始動 ホーバス監督会見

[ 2019年4月26日 05:30 ]

記者会見するバスケットボール女子日本代表のホーバス監督
Photo By 共同

 バスケットボール女子日本代表のホーバス監督らが都内で会見し「東京五輪で金メダルを獲りたい。もっともっとレベルアップしないといけない」と語った。代表候補には渡嘉敷来夢(JX―ENEOS)ら26人が選出され、大会ごとに選手の状態を見極めてチームを編成する。

 今季はアジア・カップ(開催時期未定)での4連覇が目標となる。強豪オーストラリアや昨年のW杯で敗れた中国も力をつけており、高田真希(デンソー)は「来年も大事だけれど、しっかり結果を残していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月26日のニュース