Qちゃん涙「本当にすぐ目を覚ましそうで」、恩師・小出監督弔問

[ 2019年4月26日 05:30 ]

目に涙を浮かべる高橋さん(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 女子陸上長距離の名指導者、小出義雄さん(享年80)の死去から一夜明けた25日、教え子で00年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(46)が遺体が安置されている千葉県佐倉市の実家を弔問した。

 午後1時すぎから約1時間、恩師と対面。「本当にすぐ目を覚ましそうで…。“高橋です”って言ったらいつも“声で分かるさ”と返してくれていたので、今日もそうやって目を開けてくれるんじゃないかなって…」と涙で声を詰まらせた。

 高橋さんが米国滞在中だった3月末、小出さんから「あと2、3日だから」と電話で連絡をもらった。帰国後は見舞いに通い、手紙も7、8通送ったという。最後に言葉を交わしたのは4月18日。「初めて“俺、もうダメだから”って。おまえはこれからも輝いてくれと言われました」と振り返った。

 目を赤くしながら「教わったたくさんのことを伝えていきたい」と強い口調で言い切った高橋さん。時代が変わっても名伯楽の教えが途絶えることはない。

 《鈴木博美さん「心の中にいる…」》97年アテネ世界選手権の女子マラソン金メダリスト、鈴木博美さん(50)も、夫で100メートル元日本記録保持者の伊東浩司氏(49)とともに弔問に訪れた。高校時代から指導を受けた恩師の表情は「本当に眠るようで、話を始めそうで。動きださないのが不思議なくらいだった」と振り返り「寂しいけど心の中にはいるので。ゆっくりしてほしい」とだけ話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月26日のニュース