柔道 井上康生監督「いい流れつくる」

[ 2019年4月17日 05:30 ]

20年東京五輪・パラリンピック 競技スケジュール発表

東京五輪スケジュール発表会見に出席した(左から)柔道男子全日本の井上康生監督、ソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督、組織委員会の室伏広治スポーツディレクター
Photo By スポニチ

 競技日程が決まったことを受け、柔道男子日本代表の井上監督は「柔道がいい流れをつくって、次のスポーツにバトンタッチしていけるようにしたい」と力を込めた。

 同監督は04年アテネ五輪で日本選手団の主将を務め、自身の競技が終わった後は他競技の会場を訪れ、声援を送った経験がある。「活躍を想像するだけでもワクワクする気持ちになった」と話していた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月17日のニュース