江頭と「会ってみたい。招待する」パフォーマンスまねるWTBマシレワがラブコール

[ 2019年4月17日 18:43 ]

芸人の江頭2:50を真似たポーズを取るセミシ・マシレワ
Photo By スポニチ

 本物と夢の共演も?!スーパーラグビーのサンウルブズは17日、19日の第10節ハリケーンズ戦(秩父宮)の登録メンバー23人を発表。最近2試合で計5トライと絶好調のWTBセミシ・マシレワ(26=近鉄)は先発が決まり、「(試合のなかった先週も)練習をしたので、あまり休みはなかった。いいコンディションをキープできている」と語った。

 最近のマシレワがトライ後に見せているのが、芸人の江頭2:50の動きをまねたパフォーマンスだ。きっかけは3月29日のワラタス(オーストラリア)の前に、SH田中史朗(キヤノン)から江頭の映像を見せられたこと。「これをパフォーマンスでやるべきや」とけしかけられると、その試合でいきなりハットトリックの大活躍。トライ後のインゴールでテレビカメラの前でコミカルな動きを披露し、日本はもちろんオーストラリア国内での中継でも話題となった。

 4月6日のレベルズ戦でも2トライと好調を維持。「変える理由はない。今シーズンはキープしてやっていきたい」とパフォーマンスの継続を明言すると、「他の選手にもやらせるかも知れない」とも宣言。江頭本人と会ってみたいか?と問われると「会ってみたい。サンウルブズの試合に招待しようかなと考えている」と茶目っ気たっぷりに語った。

 パフォーマンスを披露するために、まずはトライを取ることが先決。ハリケーンズは4年連続4強の強敵だが「ビッグチャレンジになるが、勝てない相手ではない。しっかり準備もできているよ」と本家に負けない不敵な笑みを浮かべた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月17日のニュース