高橋大輔、来季フリーも「ペール・グリーン・ゴースツ」 SP曲は変更へ

[ 2019年4月17日 17:41 ]

自身がトータルコーディネートするマンションの内覧取材を行った高橋大輔
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(33=関大KFSC)が17日、自身がトータルコーディネーターを務めるマンション「スカイコート・ディベルデ・浅草」の物件内覧取材を行った。

 アイスショーやマンションコーディネートなどで表現の幅を広げながら、来季も現役続行を続ける高橋。現役復帰した今季は全日本選手権2位に入った。「来季は全く進んでないですけど、海外試合はあまり出ないんじゃないかな」と主戦場は国内となる見通しだ。プログラムについては「フリーは“もう一回見たい”“完成形が見たい”とおっしゃってくれている方が多い。時間の問題もありますし、フリーの変更はせず、変更するならショートになるかな」と構想を明かした。

 坂本龍一氏が作曲したSP曲「シェルタリング・スカイ」は変更する方向で、ジョン・グラントが作詞、作曲したフリー曲「ペール・グリーン・ゴースツ」は継続となる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年4月17日のニュース