北勝富士 前日負け越しで“お腹の急降下”ストップ 会心の相撲で4勝目

[ 2019年3月21日 20:18 ]

大相撲春場所12日目 ( 2019年3月21日    エディオンアリーナ大阪 )

 小結・北勝富士(26=八角部屋)が錦木を押し出して4勝目。11日目に負け越したことで吹っ切れて“お腹の急降下”がストップしたことも明かした。

 以前から胃腸は強い方ではなかったが、最近は収まっていた。しかし、新三役となったことで勝ち越しのプレッシャーを感じ、春場所では初日からずっと、毎朝5時半ごろに腹痛が襲ってきた。

 ところが、前日負け越して就寝すると、この日の朝は「治りました」。腹痛で目を覚ますこともなく熟睡し、会心の相撲につなげた。

 「心が、まだまだお子様ということ」。平常心を保つことが課題だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月21日のニュース